フラワーガーデニングについてと、職や趣味としての楽しみ方

フラワーガーデニングとは、庭のデザインを指していて主に色々な花などを組み合わせて美しい庭へと仕上げるもので、花の色の組み合わせなどを考えた上でデザインするとより見た目の美しさも良好となります。

職で行う場合は、主にガーデンデザイナーとしてホームセンター、園芸店、造園会社などに勤めて個人宅の庭、公園、外構などといった場所のガーデンデザインを手掛けることが多いです。
(ガーデンデザイナーは、花や植物に関する知識を学ぶことや見た目のバランスや美しさに加えて設計、デザイン、アドバイス力に関しても習得します。)

中には、独立してガーデンデザイナーとして活躍する方も多く、センスや腕がある方であると1000万円以上稼ぐ方もいます。

もちろん、趣味の延長上でガーデンデザイナーを取得する方もいて、細かい知識を得ることで自分の家の庭作りが前よりも楽しくなるとの声も多数です。

実際に、今までは花の組み合わせがごちゃごちゃしていたりいきなり花が枯れてしまったりと自分が希望する庭を保つことが難しかったものの、今では洗練された庭を保つことが出来るようになったという話もあります。

また、資格を所有せずに趣味の範囲でも行なう事も可能で、趣味の場合は広範囲というよりもベランダ限定などまずは小規模からのスタートがお勧めです。

例えば、簡単なもので言うと小さめの植木鉢の中に花を植えて、そちらを2〜3個置くだけでもその空間が華やぎます。

この時、インパチェンスは日陰でもしっかりと咲いてくれますし、管理も比較的楽なのでお勧めです。
さらに、ベランダであれば雨を避けれるということで、雨に弱いペチュニアもキレイでお勧めとなります。

ちなみに、ベランダの場合は花の種類は少ない方がバランスが良いでしょう。

他にも、庭に花壇を作ってそこに花を植えつけるのもお勧めですが、カラーコーディネートをしっかりと行わないと派手になりすぎてしまったり反対にインパクトに欠けすぎてしまったりが生じるので、花の種類は少なめにした方が良好で反対色または同系色の2種類程度がお勧めです。
(赤の花でしたらピンクを植えたり、紫であれば黄色をプラスしたりすれば色が整います。)

花の種類ですが、初心者であれば丈夫な花であるニチニチソウやケイソウがお勧めとなりますが、この二つを組み合わせるよりも同種類の花でいて違う色のものを組み合わせた方が見た目が整いやすくなります。

終わりに、フラワーガーデニングというのは手軽にスタート可能で、美しい見た目を作ったり保ったりするとなると非常に奥が深いためにハマる方も多いのです。